普段の投稿とストーリーを使い分けて、フォロワーやいいねを増やそう!

フォロワーやいいねをもっと増やすには、普段の投稿とストーリーの使い分けにある

インスタグラムを本格的に運用していくと、どうしてもいいねやフォロワーの伸びが悪くなり、悩んでしまう時期があります。

なにか統一されたコンセプトの写真や動画を集中して投稿する人よりも、日常のちょっとした一コマも投稿しながら、インスタグラム向きな投稿をする人のほうが、そういった悩みを多く持っている傾向にあります。

今回はそういったいいねやフォローの伸びが悪くなり、HashLove(ハッシュラブ)のようなツールを使ってもなお、伸び悩んできてしまった人に向けて、インスタグラム運用のコツをお伝えしていきます。

投稿する写真や動画のテイストを統一するのは大前提

インスタグラムにていいねやフォローを増やしていくにあたり、あなたの投稿を見てほしい人たちから賛同を得られるような投稿を増やしていかなければなりません。

インスタグラム利用者が特定のアカウントをフォローしたり、その写真をいいねするのには、きちんと理由があります。

大前提として、そのアカウントが自分にとって興味のある投稿を繰り返し投稿しているからなのです。

仮に犬好きの方がインスタグラムを見ているときに、たった1枚のすごく可愛い犬の写真を投稿している人よりも、すべての写真が可愛い犬の写真を投稿している人だった場合、フォローをしたり、たくさんのいいねをつけるとしたら、間違いなく後者のアカウントです。

もしインスタグラムを本格的に運用し、かついいねやフォロワーを伸ばしていくのであれば、上記の理由から、投稿する写真や動画は一定のコンセプトに基づき、あまりにも逸脱した投稿は控えておくのがよいでしょう。

犬なら犬の、ファッションならファッションの投稿だけを粛々と行うことがおすすめです。

統一されたコンセプトとチラ見せの日常でファンの心を掴む

前述から、コンセプトを合わせた投稿をすべし。とお伝えしました。しかし、あまりにも非日常的でキレイな世界観ばかりを投稿するアカウントにはなかなかファンがつきにくいのも事実です。

インスタグラムを運用していく理由の一つとして、そのアカウント越しに見せる商品やモノ、サービスを宣伝したい。というのがあるかと思います。最終的にはそれらのファンになっていただくことがゴールだと思っています。

ファンになっていただくには、キレイな世界観を投稿コンテンツで見せると同時に、ストーリーを活用していくことをおすすめします。

ストーリーは投稿から24時間以内の間、見られるコンテンツになっており、そこでは日常的な発見やつぶやき、思ったことなどを自由に発信できます。

24時間で消えてしまうからこそ、インスタグラムアカウントを運用している人の雰囲気を強く押し出すことができます。それにより、運用している人と、見ている人の距離をグッと縮めることができます。

インスタグラムを個人で運用している人の中には有象無象に自分が触れた出来事の写真や動画を投稿したい人もいるかと思います。そういったことをしたい方にとっても、このストーリーへの投稿は、いいねやフォロワーを増やしながら、自分の投稿したいコンテンツを好きなように投稿できるものになります。

1万フォロワーを超えればストーリーは最高のツールになる

更に、もしあなたが1万フォロワーを超えるインスタグラマーであれば、ストーリーへの投稿はさらなるメリットがあります。

インスタグラムは通常、URLを貼ることができず、唯一貼ることができる場所がプロフィールページになります。

しかし、1万フォロワーを超えているひとであれば、投稿するストーリーにURL情報をつけることが可能になります!

本格的に商品やモノ、サービスを宣伝していきたい人にとって、これはかなり有用なのではないでしょうか。

インスタグラムの運用を始めたばかりの方にとっては、少しハードルの高い1万フォロワーですが、HashLove(ハッシュラブ)のような自動いいね、自動フォローの運用ツールをうまく使い、運用の負荷を減らしながら、投稿するコンテンツの撮影、作成に本腰を入れるのも一つの手です。

ぜひ、1万フォロワーを目指し、その後更により良いマーケティング活動をしていきましょう!

最後、宣伝のような形になってしまいましたが、インスタグラムの通常投稿とストーリー。併用活用しながらよりよい運用を目指してしていきましょう。