ビジネスプロフィールに切り替えて、効果的にインスタを使おう!

ビジネスプロフィールなら、ビジネスプロフィールを活用しよう!

ビジネスプロフィール、と聞いてなんのことだろう? 有料のツールかなにかかな?とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、ビジネスプロフィールとはインスタグラムが無償で提供している、企業やインスタグラムでビジネスをする個人に向けた設定のことを指します。

インスタグラムに広告として写真を流す場合には有料となりますが、無料の範囲でも機能が充実しており、投稿した写真がどんなユーザーにリーチしたのか。よく見られる時間はいつなのかを知ることができ、これらを分析していくことで、いいね増やフォロワー増に結びつけることも可能になります。

インスタグラムでビジネスやプロモーションを拡大していこうとしている方には強力なツールになりますので、ぜひこちらの記事をご一読いただき、少しでも参考になればと思います。

ビジネスプロフィールは何ができる?

連絡先が掲載できる!

メールや電話番号、住所などが掲載できます

お店やサービスを展開している人であれば、お客様からのお問い合わせや連絡、お店の場所などを具体的に掲載することができます。
通常の個人用アカウントでは、ウェブサイトのURLを一つ掲載できるのみとなり、ここは大きなメリットになります。

投稿ごとのインサイトが見られる!

インサイトとは、投稿によってどのような行動が閲覧者から得られたか。というものです。

通常の個人用アカウントでは、いいねの数やコメントの数がわかるのみになりますが、ビジネスプロフィールではそれ以外にも以下のような情報が投稿ごとに閲覧できるようになります。

  • 該当の投稿からプロフィールを見に行った人の数
  • 何人の人に投稿が見られ、うち何%の人がフォローしていない人だったか
  • この投稿により、どれくらいフォローが得られたか

投稿にどれくらい反響があったのかをより正確に見ることができ、インスタグラムでより評価される写真を投稿するにはどのような写真を投稿していくべきなのかを知るよい指標となります。

週次での周囲の反応も見られる!

前述したのは、投稿ごとのインサイトでしたが、アカウント全体として、どれくらいのユーザーにリーチをできたのかを知ることができます。

まずは、プロフィールへのアクセス数および、ウェブサイトがどれくらい見られたか、メールや、住所、電話番号などがどれくらい押されたか、先週と比べてどうだったか。などが見られます。

定期的にプロフィールを見直し、どれくらいアクションが増えたかを見ることができます。

また発見という情報では、1週間でリーチできたアカウント数をしることができます。 何回、投稿が表示され、それが何人のユーザーに見られたのかがわかります。
こちらも曜日ごとにどれくらいのユーザーにリーチできたかがわかりますので、インスタグラムに写真やストーリーを投稿するときに、何曜日に投稿すれば効果的なのかを知る良い指標になります。

一日一つずつ投稿をしていくのも手ですが、なかなか手がまわらない。といったときにはこちらの情報をもとに特に投稿すべき日を決め、集中して力をかけていく。という手法をとるのもまた一手です。

どんな人に見られているかがわかる!

これは私が考える中で最も重要なツールだと思っています!
実際にどんな人が見てくれているのかがわかる。そんな素敵ツールです。

まずひとつ目は、どの地域の人が見てくれているかがわかります。下のような感じです。

お店を広めていきたい場合、意図した地域の人達が見てくれているのかをチェックすることができますし、また意図しない地域から頻繁に見られていることがわかれば、その人達向けのマーケティングを広めていくということも考えられます。

ざっくりとした情報のみがここからはわかりますが、人によっては十分に役立つ情報になるかと思います。

そして次は、年齢分布です。

ターゲットとしている年代に見てもらえているのか、ボリュームゾーンはどこになるのかを大雑把に把握できます。
また男女別の分布も見られるため、より細かくセグメントを切って見比べることができます。

対象としているターゲットとずれている場合には投稿している内容を見直しながら、徐々にターゲットとする年齢に見られるように投稿を調整していったりしましょう。

最後が性別分布です。

男性向けに展開しようとしているアカウントや、女性向けに展開しようとしているアカウントがあると思います。
ここから、意図したターゲットにきちんと届いているのかを見て行きましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ビジネスプロフィールに切り替えた後、やっぱりいらない。となればもとの個人アカウントに戻すこともできます。
本記事でビジネスプロフィールの切り替え方までご紹介できればよかったのですが、少々長くなってまいりましたので、ここで一度区切りとさせていただきます。

上記に書いたようなツールを使う分には無料の範囲内ですので、インスタグラムでビジネスを展開しようとしている方はお得なことばかりですので切り替える一択なのではないかと思っています。

ぜひ、一度お試しください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする